ネットワーク&データベースのPEAK

HOME > PEAKホスティングサービス > ビジネスコース

最終更新日 2014年4月2日

PEAK ホスティングサービス

LongHead

ビジネスコースエキスパートコースへ

コース比較一覧へビジネスコースの提供サービス

あらゆる法人の方に安心してご利用いただけるよう、セキュリティと可用性にこだわった共用サーバコースです。
※より安価なビジネスライトコースもございます。詳しくはお尋ねください。

初期費用(税別)Help6,000円基本月額料金(税別)Help6,000円

Help マークは各サービス詳細へリンクしています。

ドメインHelp
独自
(サブドメイン無制限)
WebスペースHelp
10Gbyte
CGIHelp ・ SSIHelp
PHPHelp
独自ドメインSSLHelp アクセスログHelp SSHログインHelp
CRON設定Help MySQL
(DB数無制限)Help
商用利用:可
サブドメイン
バーチャルホスト設定Help
追加FTPアカウントHelp その他利用可能
アプリケーションHelp

メールボックスHelp
100個
(最大1Gbyte)
メール設定機能Help 転送Help
自動返信Help
SMTPサーバー (SSL)Help Submission PortHelp
POP3 / APOP (SSL)Help
IMAPHelp
ウイルスチェックHelp フィルタリングHelp メーリングリストHelp
無制限
拡張メールHelp メールボックスHelp
保存期間無制限
お申込みフォームへ弊社のホスティングサービスをご利用いただく際には、弊社の利用約款の同意が必要です。
また、弊社の個人情報保護方針については、プライバシーポリシーをご覧ください。

※フォーム以外でのお申込みはこちらへ▼

ContentsEnd

コース詳細

初期費用

初期費用(税別)6,000円

弊社のサービスをご利用いただく際、初回にのみ必要となる料金です。
1契約につき、1つの新規ドメイン取得費も含まれております。(ただし、取得と契約が同時の場合に限ります)

基本月額料金

基本月額料金(税別)6,000円

課金は月単位です。お支払い方法は、口座振替にて承ります。

※ドメイン関係の金額は含まれていません。JPRS等に支払う、ドメイン維持費については、別途ご請求いたします。

初回のお支払い

6,000円+6,000円×2ヶ月分=18,000円

振替開始までに時間がかかるため、お申し込み時に、初期費用および最初の2ヶ月分の月額料金を銀行振込にてお振り込みいただきます。

一年分一括払い

ご利用料金を1年分前払いいただく場合、1ヶ月分の料金を割引きいたします。
11ヶ月分のご利用料金で1年間ご利用いただけます。

6,000円+6,000円×12ヶ月分−6,000円=72,000円
※年の途中で解約なされる場合、すでに開始なされた1年分のご利用料金はお返しできませんので、あらかじめご了承ください

ドメイン

お客様独自のドメイン名利用 (新規取得・移転 いずれも可能です)

お客様独自のドメイン名をご利用いただけます。DNS設定の都合上、弊社サーバで運用するドメイン名に関しては、原則的に弊社で管理していますが、ネームサーバの設定さえ可能であれば、他社レジストラ管理のままでご利用いただくことも可能です。

弊社は、JPRSの指定業者ですので、JPドメイン名でしたら、新規取得も、ドメイン名の持ち込みもスムーズに行えます。

gTLDや各種ccTLDについては、弊社が信頼するレジストラを経由して、取得代行やレジストラ変更を行います。ぜひ、弊社までご希望のドメイン名をお知らせください。

これら、弊社で取得代行したドメインは、当然、お客様ご自身の名義で取得いたしますし、なんらかの理由で当サービスを中止なされる際には、お客さま自身に管理もお渡しいたしますので、ご安心ください。

ContentsEnd

フォーム以外のお申込み方法

フォーム以外でのお申込み・お問合せ

メール : info@peak.ne.jp または

電話 : 045-710-5722  までお電話ください。

郵送またはFAXでのお申し込み

お申込み書(pdf)

※上記ボタンよりPDF書類を印刷いただけます。必要事項をご記入の上、ご送付ください。

ご送付先
株式会社PEAK
  〒232-0006 横浜市南区南太田3-6-16
  FAX: 045-710-5733

ContentsEnd

各サービス詳細

Webサーバー (Apache)

機能も信頼性も非常に高い Apache をHTTPサーバアプリケーションとして提供しています。
.htaccessファイルも設置でき、設定可能なディレクティブも原則的に制限ありません。
BASIC認証を使ったパスワードロックをかけることも可能です
Apacheバージョンは2.2系です。

オリジナルCGI

Perl, PHP, Python等を使ったお客様独自のCGIを設定可能です。
Webサーバーと同じ物理マシン上で動きますので、CGI専用サーバーのような制限はありません。
suExec機構により、同一サーバ上の他ユーザと正しく権限を切り分けているので、安全です。
あらゆるCGIは、お客様自身の権限で動作します。

SSI (Server Side Include)

SSIを設定可能です。
.htaccessファイルにて、"Options +Include" をご指定ください。

PHP (Hypertext Preprocessor)

サーバーサイドスクリプト言語PHPが利用可能です。
共有サーバの利用者同士の安全のために、CGI版にて運用しています。
つまりPHPも、お客様自身の権限で動作します。safe_modeのような不完全な安全機構に頼る必要がないため、使い勝手が良く、かつ、安全な設定です。
PHPの設定は、ホームディレクトリ直下のphp.iniにて設定可能です。ディレクトリ毎に読み込むべきphp.iniを変更することも可能です。
パーミッションを755等に変更する必要もありません。単に拡張子がphpであれば、phpとしてパース・実行されます

動作するphpバージョンは、デフォルトで5.1系ですが、.htaccessによるaAddHandler設定次第で、5.2系以上も動作させることができます。
CGI版とは別にCLI版も用意してありますので、シェルからもphpが簡単にご利用いただけます。

SSL (Secure Sockets Layer)

ビジネスコースでは契約者専用のIPを1つ付与しますので、独自ドメインSSLもご利用いただけます。
サーバ証明書の種類に制限はありませんので、ベリサインやセコムのような付加価値の高い証明書から、GoDaddy社のような格安証明書まで、いずれか1つをご利用いただけます。
ただし、取得費用は実費となります。
ご自身で取得した証明書の持ち込みも可能です。この場合、CSRの作成およびCRTの設置を無償でお手伝いいたします。

アクセスログ

運用サイトへのHTTPアクセスログを参照可能です。標準的なApacheログ(combined形式)なので、一般的なログ解析ソフトが利用できます。

メールボックス

弊社のメールサーバには、MTAとしてもっとも信頼性の高いqmailを採用しています。

また、コースの制限数の範囲内で自由にアカウントを作成・削除可能です。各メールボックスあたりの容量も、総容量を超えない範囲で調整可能です(1アカウントあたり、2Mbyte〜100Mbyte)。

メールボックス保存期間無制限

弊社が提供するメールボックスには、保存期間制限がありません。いくつかのホスティングサービスの中には、「メールボックス容量無制限」などと謳いながら、その実、メールの保存期間が2週間と極端に短く、それを過ぎたメールを一方的に消してしまうものがあります。
PEAKホスティングサービスでは、そのような見せかけの「容量無制限」よりも、「保存期間無制限」こそがお客様の利益だと考えています。

お客様のメールボックスが一杯になった場合でも、送信者・受信者それぞれに、メールボックスが一杯である、という旨のメールが届くようにしてあります。メールボックスの中身については、あくまで、お客様が自主的に管理なされるべき事項だというのが弊社のポリシーです。

メール設定機能

お客様所有のメールボックスについて、パスワード変更・メール転送・自動返信といった機能を、ブラウザから設定することが出来ます。メール管理者はすべてのメールアカウントについて、一般ユーザーは自分の持っているメールアカウントについてのみ、それぞれ設定可能です。

メール転送

お客様の各アカウントに届いたメールを、最大20箇所の好きなアドレスへ転送できます。簡易的なメーリングリストとしても利用可能です。

メール自動返信

お客様の各アカウントにメールが届くと同時に、メール送信者に対して定型のメールを送る機能です。注文などの確認用に有効です。

SMTPサーバー

メールアカウントをお持ちの方なら、世界中どこからでもPEAKのSMTPサーバーを使ってメールを送信することが可能です。現在、一般的なISPをご利用であれば、ほとんどのケースで、submissionポートまたはSMTP over SSLを使うことになります。
Submission Portをご一読ください。
弊社メールサーバの25番ポートに直接接続できる場合、POP before SMTP という迷惑メール防止機構を使っていますので、先にメールを受信してから30分以内に送信してください。

Submission Port

昨今のSPAMメールの増加にともない、ISP各社が25番ポートへの外部アクセスをブロックするケースが増えてきました。しかし、弊社のメールアカウントをお持ちであれば、メールサーバのSubmission Port 587番にアクセスすることで、どこからでも送信することが可能です。

この587番からの送信は、SMTP-AUTH 専用となっていますので、お使いのメーラーでSMTPサーバを587番とした上で、SMTP-AUTHをチェックしてください。POPと同じID,パスワードとなります。メーラーさえ対応していれば、CRAM-MD5が最もお勧めです。

SMTP接続そのものを暗号化する SMTP over SSL にも対応しています。この場合、メーラーに指定するSMTPサーバーのポート番号は465となります。

POP3/APOP

弊社メールサーバに届いたメールの受信には、POP3プロトコル・APOPプロトコルのいずれも利用可能です。

POP3接続そのものを暗号化する POP3 over SSL にも対応しています。この場合、メーラーに指定するPOP3サーバーのポート番号は995となります。(通常は110番)

IMAPサーバー

メールの読み出しには、POP3だけでなく、IMAP4も利用可能です。そのため、Webメールなどもより高機能に実装することができます。

IMAPサーバーには、Courier-IMAPを日本語拡張したものを用いております。

ウイルスチェック

各メールボックスに届くメールをその直前でウイルスチェックし、ウイルスだと思われたメールは弾くサービスです。

ウイルスだと判断された場合、その旨の通知メールが届きます。また、記録に残りますので、メールコントロールパネルからチェックすることも可能です。

このウイルスチェックは、転送の前段で行われますので、ウイルスメールは転送先にも届かなくなります。

なお、ウイルスのパターンファイルは毎日更新しておりますが、最新種などの場合、パターンファイルが追いつかないことや、うまくすり抜ける偽装を施される可能性もありますので、100%の保証はできかねますこと、ご了承ください。

フィルタリング

メールヘッダを解析し、不要と思われるメールを着信拒否するサービスです。

着信拒否する条件は自由に設定可能です。

例えば、「"Subject:"が、"未承諾広告※""を、含む"場合、"拒否"する」とすれば、最近やたらと増えてしまった失礼な広告メールを目にすることもなくなります。

着信拒否したメールは、記録に残りますので、メールコントロールパネルからチェックすることも可能です。

このフィルタリングは、転送の前段で行われますので、拒否条件にマッチしたメールは、転送先にも届かなくなります。

メーリングリスト(mailman)

Webサーバコントロールパネルから設定するだけで、簡単にメーリングリストを作成することができます。sshログインすることで、メーリングリストサービスをご利用いただけます。アプリケーションには、mailmanを利用していますので、メーリングリストの管理も、過去書庫の閲覧も、Webブラウザから簡単にできます。
メーリングリストのアドレス形式は、(リスト名)@ml.(独自ドメイン) です。

拡張メール

当レンタルサーバでは、独自ドメイン宛のメールは原則的にメール専用サーバーで処理していますが、受信メールに特別な処理を施したい、届いたメールを自社Web上で公開したい、といった高いレベルの要求をお持ちのお客様のために、サブドメインのMXレコードをWebサーバに向けることで、拡張メールサービスを提供しています。

.forwardファイルを活用することで、様々な利用法が可能です。

SSHログイン

すべてのコースで、SSHを利用して、Webサーバーにシェルログインすることが可能です。当サービスをご利用なさる場合は、弊社まであらかじめご連絡ください。RSAもしくはDSAの公開鍵認証のみが可能です。SSH2による認証の場合は、OpenSSHをご利用ください。

CRON設定

sshログインしてからcrontab コマンドを使うことで独自のcron処理を登録可能です。ただし、専用サーバコース以外においては、あまりにもサーバー負荷が大きなcronエントリはご遠慮いただいております。

MySQL

Webサーバコントロールパネルから設定するだけで、MySQLデータベースを自由にご利用いただけます。
データベース数の上限はありませんので、いくらでも作成いただけます。データベース作成時に文字セットを指定することも可能です。

弊社のMySQLデータベースエンジンは、大量のメモリを積んだデータベース専用サーバで動作していますので高速です。MySQLサーババージョンは5.0系です。

Webブラウザから簡単にデータベース操作の出来るツールphpMyAdminも用意してあります。入口の判らない方は、WebサーバコントロールパネルのMySQL項目からお入りください。

サブドメインバーチャルホスト設定

Webサーバコントロールパネルより、契約ドメインについて、任意のサブドメインをバーチャルホストとしてWebサーバに設定可能です。
追加ドメインオプション契約(1ドメイン追加ごとに1,000円/月 税別)があれば、その追加したドメインについても、任意のサブドメイン・バーチャルホスト設定が可能です。
バーチャルホストのエントリ上限は1契約あたり10となっています。
それ以上のバーチャルホストをご希望の場合はご相談ください。

追加FTPアカウント

Webサーバコントロールパネルより、追加FTPアカウントを発行することが出来ます。
各アカウントには、ホームディレクトリを設定することが出来ますので、特定のフォルダ以下だけにアクセス権限を与えることが簡単にできます。

その他利用可能アプリケーション

Webサーバには、一般的な開発環境(perl, nkf, sed, awk, gcc等)は用意されています。
これらはいずれも、/usr/bin/ の下にあります。( /usr/bin/perl など)
Webサーバからのメール送信にはsendmailラッパー(MTA本体はPostfix)をご利用いただけます。/usr/sbin/sendmail です。
netPBM, ImageMagickといった、画像処理に必須のアプリケーションもインストールしてあります。
よりスキルの高い方のために、SubversionやCVSもご用意してあります。これらのバージョン管理アプリケーションを用いることで、Webアプリケーションを利用する際に、簡単に最新版へキャッチアップすることが可能となります。

ContentsEnd

Copyright © 2001-2009 PEAK Corp.All Rights Reserved.

株式会社PEAK

〒232-0006 横浜市南区南太田3-6-16

TEL: 045-710-5722  FAX: 045-710-5733

メール(一般的な問い合わせ):info@peak.ne.jp
メール(技術的な問い合わせ)support@peak.ne.jp