ネットワーク&データベースのPEAK

HOME > PEAKアプリケーション開発

最終更新日 2010年2月18日

PEAK アプリケーション開発

簡単なホームページ更新システムから会社全体の基幹システムまで

弊社はWebアプリケーションの開発をもっとも得意としております。

  • 多数の商用Webアプリケーションを手がけてきた実績
  • Webアプリケーション固有のセキュリティ問題に対する正確な知識
  • オープンソースアプリケーションで培ってきたCMSやBtoCアプリケーションの経験

以下の事例も参照いただき、「現状は何が問題で、それをどのようにしたいのか」を、お気軽にご相談ください。

ご相談お申込みはこちらへ

ContentsEnd

「写真と文章を用意するだけの簡単管理不動産サイト」

管理の簡単な不動産サイトを作りたい
主な技術要件

サイト管理者のスキルに応じて表現力を向上することができること 写真のリサイズ処理と配置が自動的であること

導入の経緯

不動産業界は競争が激しく、検索エンジンで直接ヒットしてもらうことは確かに難しいが、上位サイトでの検索結果からのリンク先(自社ページ)に、写真の豊富な物件詳細ページを作ることは、成約率の向上に大きく貢献するはずである。そのために、どんなスキルの方でも簡単に写真が豊富な物件情報ページを作れるシステムを作った。

「社内の独自データベースとリンクした求人情報サイト」

すでに機能している求人情報データベースから、適宜、情報をインターネットに公開したい
主な技術要件

契約上の理由でデータベースには直接アクセスできないため、エクスポートしたデータを利用すること その際に、求人データの整合性が失われないこと 応募時の個人情報が適切に保護されること

導入の経緯

人材派遣会社にとってなにより重要なのは、すぐれた人材を集めることである。 そのためには、どのような求人があるのか、登録すればどれだけのメリットがあるのかを具体的に知ってもらう必要があるため、求人情報のインターネット公開に踏み切った。

ただ、そのクライアント情報にもインターネットに流して良いものと、流してはいけないものの両方があり、人間のチェックは欠かせない。

そこで、登録の際に、可能な限り自動的な処理を行い、担当者が適宜、ワンアクションで「公開」「非公開」を項目毎に選択できるようなシステムを作った。

「Webカメラとサーバを組み合わせたリモート録画再生システム」

インターネット上から、防犯カメラの記録を検索・閲覧したい
主な技術要件

たった1時間で14,400枚にもなる莫大な数の画像ファイルをなるべく低負荷で管理可能とすること目的の画像にすこしでも早くたどりつけるようなインターフェースを実装すること

導入の経緯

テープを利用する従来型の防犯カメラでは、外部(インターネット)から閲覧することはできない。かといって、Webカメラをそのまま使っても、現在の画像は見られても、過去の画像に遡ってみることはほぼ不可能(カメラ内のメモリ容量には上限があるため)。

そこで、WebカメラとFTP/HTTPサーバを組み合わせ、画像を容量の潤沢なハードディスクに記録し、事件・事故があったと確認できた後からでも(毎秒1枚であれば1週間程度)、Webカメラの映像を検索・閲覧を可能とするするシステムを作った。

「既存サイトのCMS化」

FTP等で管理していたサイトを少ない工数で完全にCMS化したい
主な技術要件

横浜市ではすべてのサイトについて、富士通SSL社製のCMSへの移行を行うことになった。その際、単に既存のHTMLをアップロードするのでは、FTPでサイトを管理するのと大差なく、CMS化の意味がない。しかも、移行作業に利用出来る端末は、市から供与されたノートパソコン1台であった。

導入の経緯

ブラウザ上で動作する該当CMS専用のJavaScriptを自ら作成・調整することで、入力の自動化を行った。

この工夫により、弊社が受注した鶴見区においては、年末の忙しい時期でありながら、約1500ページもの移行作業が予定通り完了した。
※同時期に並行して移行作業をしていた同規模の他区は1ヶ月程度遅れた。

また、このやりかたであれば、自動入力といえども、あくまでCMSインターフェース上での入力作業であるため、CMS移行後に市職員が手作業でページを更新する方法と原理的な差がなく、ページの一部を更新することによって、他の部分にまで影響が出るようなことはない。
※横浜市CMSは、ページ更新時に必ずTinyMCEを通過するようになっているため、REST等で納品されたページを、ブラウザから更新するとTinyMCEの自動書き換えによって予期せぬ結果となることがある。

Copyright © 2001-2009 PEAK Corp.All Rights Reserved.

株式会社PEAK

〒232-0006 横浜市南区南太田3-6-16

TEL: 045-710-5722  FAX: 045-710-5733

メール(一般的な問い合わせ):info@peak.ne.jp
メール(技術的な問い合わせ)support@peak.ne.jp